マンションを買うのと賃貸とどちらがよいか?

以下はひとつの仮定的な大ざっぱなシュミレーションです。

住宅ローン3000万円を35年元利均等返済(ボーナス時なし)の固定金利2.4%で借りた場合、利息の合計は約1437万円になります。

仮に、マンションの購入金額が3000万円だとすると、一生のうちに支払う金額は約4437万円になります。
35年後のマンションの価格はいくらになっているでしょうか。

例えば1500万円だとすると、大雑把ですが、1500万円のものを4437万円で買ったことになります。これに管理費税金等の負担があり、仮に年30万円とすると、35年間で1050万円になります。

とすると、35年間マンションに住み続ける費用として、4437+1050ー1500=3987万円

約4000万円としてこれを35年で割り、さらに月割りにすると約9万5000円です。これは実際の月々の支払いとは別の金額です。35年後のマンションの価格も計算に入れていますから。そしてその後は管理費等だけで住み続けられるわけです。

35年後のマンションの価格はわかりません。もっと安くなるかもしれないし、高止まっているかもしれません。
仮に価値がゼロだとすると、月々約13万円の家賃を支払うのと同じになります。

よく、賃貸と分譲とどちらが得かの議論がされています。
金額的には上のおおざっぱなシュミレーションが参考になると思いますが、あくまでも参考にしかすぎません。
物件の場所やライフスタイルなど、様々な要素がからんでいるので、いちがいにはどちらがよいとは言えないでしょう。
ただ、知り合いの人が買っているからうちも、とか、うちだけ賃貸なんて恥ずかしいなどという考えで買うのはやめたいものです。
無理して買って後悔されているなら、早めの売却も視野に入れる必要があります。

マンション売却の場合は、査定を複数業者に依頼することが重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ