買い替えの場合、売るのが先、買うのが先?

住宅を買い換える場合、購入するか売却するか、どちらを先に行うかを決めるのは重要です。
それぞれにはメリットがあり、どちらが正解というのはありませんが、例えば売却を先に行なった場合は次の資金計画が立てやすくなるというメリットがあります。
ただ、購入の進捗状況に応じなければならないので、引き渡し時期の調整が必要です。
住み替える心配が無い方であれば先に購入を検討しても良いでしょう。但し、今の住居をもし手放さないのであれば、相当な資金の余裕が求められます。
売却と購入を同時に行う場合は、それぞれのスケジュール調整がシビアになって来るでしょう。
今の自分の経済状況や家庭環境に適した不動産の売買を行いたいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ